抗ウイルス

インフルエンザウイルスA型 不活性化試験

*エンベロープウイルス(アルコールに弱い)

試験機関:一般財団法人日本食品分析センター
※Log TCID50/ml:median tissue culture infectious dose,
     50% 組織培養感染量(作用液1ml当たりのTCID50/mlの対数値)
※開始時:作用開始直後の対照のTCID50/mlを測定し、開始時とした
※作用温度:室温
※ウィルス浮遊液:精製水で10倍に希釈したもの
※<2.5:検出せず

ネコカリシウイルス不活性化試験 

ノロウイルス代替
*ノンエンベロープウイルス(膜がなく、アルコールに強い)

試験機関:一般財団法人ボーケン品質評価機構
※試験方法:ISO18184「Textiles-Determination of antiviral activity of textile products」
試験ウイルス液を試料に接種する。25℃で2時間作用させる。洗い出し液を加え、繊維上からウイルスを洗い出す。ウイルスを宿主細胞に感染させてウイルス感染価を測定する。